“公”認 解放区

今を記し、今を発し、今を知る。 公春、ここにいます。

堂々リニューアルオープン☆

  • 2008/11/30(日) 13:38:22

遂にウチの庭が完成したどー!



家の周りは、

2年近くさら地みたいなモンだったから

すっかり慣れちゃってたけど、

やっぱできてみると、

いいね〜!!!




乗用車3台駐車可能なり。
柵がどことなくカントリーだな。





広いウッドデッキから見るアプローチ。
右手前にちょこっと見えるのは、
可愛らしすぎる水栓。





お気に入りは、
枕木に備え付けた銅版の表札。
雰囲気よろし。




おいでませ、品川家へ。

LINEで送る

壁打ち

  • 2008/11/30(日) 13:06:07

20081130130607
職場の裏手にあるナイスな壁打ち場。

この地域は卸問屋が中心に入っている商業地域だから、
近くに民家もなければ人もいない。
日曜日にはこうして余裕の壁打ち。

その割に約5年振りの実打ち。

LINEで送る

Tシャツ御免。

  • 2008/11/30(日) 12:39:04

20081130123904
暑い。
朝からTシャツ姿の僕。

そんな暑さとは裏腹に
富士山は真っ白だったから
安倍川の路肩にて記念撮影。

記念?

くっきり真っ白記念。

LINEで送る

粉をプレゼント

  • 2008/11/30(日) 11:48:03

20081130114803
とめちゃんに
またたび粉のプレゼント。

ものすごい勢いで
匂いをすり込み中。

LINEで送る

二人きり

  • 2008/11/30(日) 01:09:02

20081130010902
とめちゃ〜ん、
今日は二人きりやね〜。

ところで、その位置、
そんなに良い?
ずーっとそのまんまじゃん。

もう昼間散々寝たっしょ?

ま、いっか。
おやすみ。

LINEで送る

お休みだけど

  • 2008/11/29(土) 12:30:06

20081129123006
今日は休みだけど、
嫁と昴之介は
お義母さんと遊びに行って一人だもんで、
てろてろ出勤してきた。
はかどって良いね。

ところで
この画像は
誰が撮ってんだ!?

LINEで送る

宇部興産、優勝!

  • 2008/11/28(金) 22:09:37

やったねー!宇部興産!!



第22回全日本実業団リーグにて、

宇部興産、

13年ぶりの優勝!!

同時に、平成20年度の日本リーグ入れ替え戦に進出決定!!



日本リーグでやらんとね、やっぱり。

是が非でも、日本リーグ昇格を勝ち取って欲しい。



ちなみに、団体メンバーの一人・岡村君は、

小学校の時、ペアを組んでいたりする。

弟の高校の先輩だったりもする。

頑張ってほしいな〜。

LINEで送る

日常に転がる恐怖

  • 2008/11/26(水) 12:53:52

昨日、営業車に乗って、

交差点で信号待ちをしている時、

交通事故に遭遇した。

しかも、事故現場を通り掛かったのではなく、

事故の瞬間に居合わせ、

全てを目撃してしまった。



静岡駅近くの大き目の交差点。

右折レーンの最前列で信号待ちをしている僕。

自分から見て左前の方向から右折をしてきたのは、

エメラルドグリーンのアルトに乗ったOLのお姉ちゃん。

そこに、自分から見て右前から横断歩道を自転車で横断し始めたのは、

白髪のお婆ちゃん。



右折車からも見えやすい位置の横断者。

どちらも特に急いだ様子はない。

「どっちかが止まるんだろうな」と思った、その瞬間!!



ガギャシャン!!



どちらも止まらず、

アッという間の衝突。



お婆ちゃんは、アルトのボンネットに一度乗り上げ、

ブレーキをかけた反動で、

3m程その前方へ飛ばされた。

衝突によるショックからか、

衝突の瞬間にお婆ちゃんの身体は紙相撲の力士のような形で固まり、

飛ばされても、あまり形が変わらないまま、その場に横たわっていた。



すぐに駆け寄る歩行者の男性2人。

一人がお婆ちゃんを抱き、一人がタイヤの曲がった自転車を路肩に寄せる。

運転手も顔を強張らせながら、即座に車から飛び出す。

そしてすぐさま車内へ戻り、携帯を手にし、

横たわるお婆ちゃんの元に駆け戻る。

お婆ちゃんの手足は動かないが、

男性の腕に抱えられながら、口だけが不自然にパクパクしている。

突如道の真ん中で止まったアルトの後方で、

対処に困り、立ち往生しているアイシスと路線バス。

たまたま通り掛かったSBSテレビの車が、

現場の方向を指差しながら、どこかに駐車する場所を探している。



これら全てが、

目の前、10m以内の場所で起きていた現実の光景。



自分も駆け寄ろうと考えたが、

今いるレーンは現場の対向車線。

アルトの後ろで滞っている車が抜けやすいように、

自分の左隣りの車線に営業車を寄せることしかしてあげられないと判断した。



その後の僕は、

呆然とする中でしっかりと安全運転するのがやっとだった。



色んなことが頭をよぎった。

よぎっては、僕の肩を強張らせた。

その時僕ができた唯一の作業は、

車を運転をすることではなく、

肩が強張るのをリラックスさせることだけだった。

そう記憶している。



今朝の新聞にその記事が出ていたかどうかは確かめていないが、

もし出ているとすれば、

大怪我か、最悪の結果になった場合だろう。

あまり見たくない気がする。

表現が悪いのは承知で言うと、

スピードも出ておらず、

キレイにボンネットに乗り上げ、

そこから落とされただけなので、

若い人であれば多少の怪我で済む可能性が高い事故だったと思う。



でも、言ってしまえば“その程度の”衝突だったとしても、

相手の反応や打ち処次第では、

最悪のことが起きてしまう可能性も十分ある。

それを実感することを、

その事故が、僕の中で痛烈に求め続けてきて、

目の前の運転に集中させてもらえなかった。



どんな人にだってそんな目に合ってほしくないけど、

どんな人にだって被/加害者になり得る瞬間が、

日常にはウヨうよウヨうよ転がっている。

これら全てから身を守りたいけど、

避けられるかどうかは、もはや運でしかないレベルじゃないかと感じられる。

言い様のない緊張。

もう祈るしかない。



ビクビクしたって始まらない。

どうせ生きるなら楽しく生きよう。



そう思うのは、

もう少しこの恐怖と闘ってからにした方がいい気がする。

この恐怖を無視して日常に戻ってはダメな気がする。

プラスの考えになるのは、

もう少し後にしようと思う。



ただ、そういう思いと同時に、

どうしても自分勝手な思いも湧き出てくる。



自分の家族はそういう目に合わないでほしい。

いや、自分の知り合いは、そうならないでほしい。

宝くじや懸賞に、今後一切当たらなくてもいい。

それでもいいから、自分の知ってる人達だけは!



実に勝手だ。

でも、思ってしまうものは思ってしまう。

仕方ないじゃない。



最後は祈るしかない。

強く祈って、

それを踏まえて、

人生を一歩ずつ歩こう。

LINEで送る

ようやくヤツが現れたわい

  • 2008/11/25(火) 12:58:53

ポルシェ・パナメーラが

ようやく、

やっとこさ、

出たぁ!!!!



ぱな、ぱなぁ。



ぱなめぃらぁ。
ドア4枚ぃ。

LINEで送る

work6;気持ち飛び出すカード

  • 2008/11/24(月) 22:42:15

今年の嫁の誕生日に制作したプレゼント。

飛び出すカード。



ちょっと前に、仕事で飛び出すリーフレットの案がボツったから

・・・という訳では決してないけど、

予算が少ないので、ちょうどいいかなと思って、

手探りでやってみた。



用紙を買ってきて、

書き、描き、切り、貼り・・・。


表紙。
昴之介にペンを持たせて、そこに軽ーく手を添えて、
一緒に、力強く、心を込めて書いた。
最後に昴之介が好きなところに猫シールを貼り付けた。



20081124224215
開けると・・・!!
昴之介作の“かぁか”の似顔絵が飛び出し、
その陰からとめちゃん(猫)が顔を出す。




ぐちゃぐちゃだけど、最後まで一生懸命描いてくれた。
気持ちを込めてたからこそ、
描きたい線が描けなかった時はムキーってなったけど、
最後はニッコリ満足。
そこに、ほんのり色鉛筆で色付け。




二人からのコメントを記したカードをここに内臓。
このカードを取り出して初めて年齢が明らかになる。
さりげなぁく、気ぃ遣ぉてる。



当日、嫁に昼寝してもらっている隙に、

コソコソ作った。

「渡すまでは、お母さんに内緒な」

って、二人してイヒイヒ言いながら作ったのに、

見事に明かしちゃってたのは、ご愛敬。



昴之介、また作ろうやぁのっ、あったかいもの。

LINEで送る

フリーエリア