“公”認 解放区

今を記し、今を発し、今を知る。 公春、ここにいます。

“人生の師”の活躍を知れた日

  • 2009/03/05(木) 22:05:45

岡先生が雑誌に載っていた。

“人生の師”が雑誌に載っていたのを

偶然見つけた。



僕にとって“人生の師”と呼べるのは、

これまでに二人いる。



一人は小学校5年・6年の担任の先生。



そして、もう一人が、

大学の1つ上の先輩で、ソフトテニス部でキャプテンをしていた人。

その岡慎也さんが雑誌に載っていたのだ。



岡さんは、

大学時代の、あの燃えるように楽しい生活を

率先して導いてくれた人。

潰れかけていた鳥大ソフトテニス部を

窮地から救った中心人物。

この人がいなかったら、

今、鳥大ソフトテニス部はなかっただろう。



心から尊敬できる人。

譲れない、大事な“何か”を

いつも心の真ん中にすえていて、熱い人。

でも、本当は熱いくせに

なかなかそれが分からないほど、

日頃はとても穏やかで、懐の深い人。

また、他人を応援する時のその必死さはたまらない。

背は低い。

でも、とてつもなく大きな背中の持ち主。



そんな岡さん、

今は鳥取の江府町で中学校の先生をしている。

だから、冒頭で岡先生と言ったの。

そして、当然、ソフトテニス部の顧問だ。

そして、その部は、昨年中国で優勝し、

全中でも活躍を見せるほどの強豪だ。



そんな強豪校に雑誌『ソフトテニスマガジン』の取材が来たのだ。

その最新号(4月号)の後半に、

見事に見開き2ページで江府中の特集が組まれ、

岡先生が工夫していることなどが、

たくさん掲載されていた。



頑張ってるな。

さすがだな。

悔しいな。

会いたいな。

昔話をしたいな。

取りとめもなく未来の話をして、

希望を膨らませたいな。

あぁ、飲みたいな。



想いが駆け巡って、

その夜、電話を掛けてみた。

以前よりも落ち着いたトーンで、

“中堅の先生”な雰囲気が感じられた。

色んな経験してるんだろうなと想像できた。



このお盆こそは鳥取に行って、

岡さん含めて、大学時代の面々と会って語り合うぞ!!

そう今から張り切る半面、

高速道路料金の一律化の影響で、

高速道路が大混雑することを想像し、

もう既にゾッとしていたり・・・。

でも、やっぱそろそろ行くぞ、鳥取!



岡さ〜ん!

これから益々の活躍を期待してますよ!!

僕も負けないように精一杯生きていきます!!

LINEで送る

この記事に対するコメント

うん、小さな巨人だね。
ところでさ、焼き肉〜KSAまでは良かったけど、
何であーさんで締めるのさ。(笑)

お盆は召集かけるぞー!

  • 投稿者:kimiharu
  • URL
  • 2009/03/06(金) 23:16:18
  • [編集]

焼き肉

岡さん。僕らにとっては忘れたくても忘れられない人。岡さんは感じてないかもしれないけど、僕ら同期にとっては偉大な人。すぐ顔が浮かぶよね。
いつの日か、06を引き連れて、何や、あの鳥取空港へ向かう途中の坂道の途中にある焼肉屋に集ってワイワイやり、その後KSAでカラオケ熱唱したいもんだぁね。 あーさんは、何故、目の下が青じんだんかねぇ・・・。

  • 投稿者:たばこばくだん
  • URL
  • 2009/03/05(木) 23:29:26
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

フリーエリア