“公”認 解放区

今を記し、今を発し、今を知る。 公春、ここにいます。

words41;シナッチの言ってた“知り合い100人集める飲み会”をしようと思って

  • 2012/10/09(火) 12:36:03

週末、7・8年ぶりに会った芝居時代の友人に言われて、

心にズシリと残ってることが 2つ ある。

いずれも、何だか俺の忘れ物のような気がする。

忘れ物は頻繁にする俺だけど、

忘れちゃいけないものがあったんじゃないかって思わされた。






【シナッチの言ってた“知り合い100人集める飲み会”をしようと思って】






それは、今回結婚披露パーティーを開いた澤木くん本人が、

俺と会うなり開口一番に言った言葉。



確かに当時の俺、

ちょくちょく言ってたな、

「今まで出会った人全員を集めた飲み会をするのが夢。

それが無理でも、自分の知り合いを100人集めた飲み会をしたいんだよね。」

って。



そんなことを覚えてくれていたことにまずビックリしたけど、

よくよく考えて、ハッとさせられちゃったね。

それと、きっとその頃の自分は

そうやって印象を残すほどバイタリティーがあったんだろうね。



ずっと心の奥底にあったことだけど、

それを表立って公言することはなくなってたな。

心のどこかで、

「それを実現する機会は、残すところ自分の葬式くらいなんかな〜」

と漠然と思ってたかもしんない。



バカだと思われるようなことでも望むだけなら勝手だし、

本当に自分が心から欲することで、

かつ周囲に迷惑を掛けないことであれば、

誰にはばかることなく口にしてれば良いんだよね。



こんな忘れ物があったことに気付かせてくれた澤木くんには感謝だ。

ナイスな披露宴だ!(←ちょっと!そこ!?)



俺、やっぱり今まで出会った人全員との飲み会がしたいわ!



ちなみに、澤木くんはこう続けてた。

「頑張って100人のつもりが、結果的に140人になっちゃった。テヘ。」

だって。

テヘじゃねー!

半分は嫁さんの知り合いだろ−!(笑)



まぁでも、いいんだよね、それで。

そこに集まっている人は、

今回で言えば、新郎新婦2人が最大公約数の人達が集まってた訳で、

その共通項があれば、それで安心できるんだもんね。



多い/少ないは、それほど問題じゃないけど、

少しでも多くの、これまで出会った人達を一同に集めた会がしたい。

動機の根本には、自己満足の部分があるのは確かだけど、

その場を通して、さらに知りあって欲しいなっていう思いがある。

俺から見て“保証できる”人達が集まってるんだから、

絶対お互い知り合っても損はしないだろうとの確信からね。



忘れ物、一つ見つけた。


20121009123603

LINEで送る

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

フリーエリア