“公”認 解放区

今を記し、今を発し、今を知る。 公春、ここにいます。

井川の夏2012 [2]

  • 2012/07/31(火) 12:51:04

多少遠目なのに、

南アルプス井川オートキャンプ場を

昨年に引き続いて選んだのは

カヌーで遊べるのも大きな要素。





曇ってくれたから暑すぎなかったし、

そもそも川面は少し涼しい。





ちょっとマメができた。





500円/30分なら、悪くないでしょ!?

まぁ交代で乗っても

30分あれば十分楽しめるし。





その後のラムネの美味しそうなことと言ったら!



お昼ごはんにおにぎりを握ってから

キャンプ場をあとにし、

千頭まで下ってから、

そばの川原に下りて水遊びもした。





俺は1人、大きな岩の上で

ジュースとお菓子を片手に

子供たちがはしゃぐのを見ながら涼を取る。

(ずるい)





吊り橋に行くのも目的の一つだったから、

これも達成したわけだ。

塩郷の吊り橋の半分程度の高さ/長さなのに、

十分怖すぎましたとさ。



ここで、解散。

帰宅の方向も道もみんな同じなんだけど、

もう自分たちのペースでいいじゃんね。

この感じもまたいい。





まっすぐ帰宅したウチは、

着くなり片付けを頑張った。

その一端を担って、1人で散歩に行ってくれた昴之介。

うん、いい感じ♪



楽しみだった2日間は

文字通りあっという間に過ぎた。



頭に残った風景と、

たいして撮ってなかった画像と、

少し増えた体重が

行った事実を教えてくれてた。



大きな怪我もなく、

美和野キャンプ2012、終了。

また来年。


20120731125104

LINEで送る

井川の夏2012 [1]

  • 2012/07/31(火) 12:18:15

週末はほぼ3日もブログ書かなかったなぁ。

だいたいそういう時って、

焦燥感まではいかずとも、

何か足りない感じになったりするんだけど、

今回は全くそういうのナシだった。

何せこの土日は、盛りだくさんで、充実感満点のキャンプだったのでね。







近所の7家族とつるんでのキャンプ。

みんな子供の年が近くて仲良くなっていった仲間なんだけど、

そんな仲間とのキャンプも恒例となって、

振り返ってみたら、何と今年で4年目だよ。

すごいことだ。





車7台。





テント7張。

・・・で、1人だけ来られなかったとは言え、

大人13人、子供12人!!



嫁とも道中話をしてたんだけど、

付き合いが何年にもなって、

イザコザもちょっとした事件や事故もないってのが、

ものすごく恵まれてるなと思う。



ちょっと嫌だな…とか、

ちょっと面倒だな…とかいう思いが一切ない。

毎週つるんで遊んでたいほど。

いや、実際、結構毎週つるんでたりするし。

まぁ、俺に対しては“からむの面倒”という思いはあるかもだけどね…(大汗)






行ったのは、昨年同様に静岡の山奥、

南アルプス井川オートキャンプ場。

通行止めになっている道があったせいか、

お盆あたりではないせいか、

行ってみると貸切状態。

子供たちが他の利用客に迷惑をかけてないか気を配る必要がないだけでも、

もうこれ以上ない開放感だった。







少し険しい道を登るしかなかったため、

車に弱い人には申し訳なかったけど、

着いてからはゆったりした時間が過ごせた。



到着後は、テント&タープ設営からの〜、

スタンプラリーからの〜、

バームクーヘン作りからの〜、

フリーダ〜〜〜ム☆☆☆





スタンプラリーには、

子供たちが予想以上にいい反応!

広い敷地の各所に隠されたシールを探して、

あっちへ走って、こっちへ走って・・・。

何だかんだで15分以上、探しまわってたと思う。

良かった、良かった。





ホットケーキミックスを

竹に付けては焼き、付けては焼き・・・。

楽し美味しかった。





個人的には、何年かぶりに

ロケット花火をやれたのが印象的。

中学生の頃を思い出したwww





ミンミン・・・だよね!?

昴之介が朝、報告に来てくれたんだけど、

本人曰く、

夜見掛けた時は、

幼虫がよじ登ってる最中だったんだって。

貴重な瞬間を見たね。



虫取って、

フリスビーやって、

サッカーやって、

バドミントンやって、

遊具で遊んで、

飲んで、

食べて、

ダベって・・・。

これ以上に楽しいことはないね♪

LINEで送る

ナイス避暑

  • 2012/07/30(月) 21:37:04

こんなに気温が高いと

いくら山の上の方でも

大した避暑にはならないだろう。

…そう思ってたんだけど、

何のこたぁない、

結構な避暑たりえた井川のキャンプ場。

地上とは5℃くらい違ってたんじゃないかな。

最高に気持ち良かった。

また行きたいな。

……明日にでも!(笑)

20120730213704

LINEで送る

知恵とテンション

  • 2012/07/28(土) 00:19:04

さぁて、いよいよ明朝は

町内のみんなと行くキャンプだ〜!

遂に今年は仲良し7家族が揃う!!

そんな中、キャンプ場で使う予定の

シールを貼る台紙をつくった。

今年も子供のためのスタンプラリーをするつもりなのだ。

遊びって、道具じゃないよね!?

知恵とテンションだよね。

って、常々思ってる。

道具には工夫が凝らされてるから

あるに越したことはないけど、

そんな道具で遊んでても

自分で工夫してかないと飽きちゃう。

今回も金は掛かってないけど、

少ない知恵を絞ってみた。

楽しんでくれるといいなぁ。。。

うわっ!もう寝なきゃ!!

20120728001903

LINEで送る

夏休みの朝は

  • 2012/07/26(木) 19:36:04

昴之介は、今日から夏休み。

「今日から夏休み!ラッキー!!」だってさ。



昨晩は寝るのが遅かったから、

ゆっくり寝かしておこうと思ったんだけど、

朝起きたら、いつも通りに起きてきたんで、

パジャマのまま一緒に散歩に行くことに。



そしたら、これまたいつもの通り、

ボールを蹴り始めた。



やれやれ…。



でもこれが

昴之介の散歩のスタイルとしては

デフォルトなのよね。



片手に捕まえたバッタを持ちつつ、

朝日の中をドリブル散歩♪


20120726193604

LINEで送る

敗戦の中にも光るもの

  • 2012/07/25(水) 23:36:04

勝てない。

仕事を早めに切り上げて、

疲れてる中、

勝利を祈って駆けつけたけど、

また勝てなかったよ。

んにゃろー!アウェイで爆発しちまえよ!!

また懲りずに期待すっから!

期待と言えば、

今夜エスパルスで一番光ってたのは

最年少の高校生Jリーガー・石毛くんだったと思う。

停滞する攻撃の中にあって、

何度も何度も仕掛けててた。

泣きそうになった。

終了後に

「石毛くーん!良かったよ!それ、続けよう続けよう!!」

って言ったら、“ペコリ”だって。

かわいっ。

脱力の帰り道、

昴之介が石毛くんのシザース(フェイント)を真似て見せた。

昴之介の印象にも残ったようだ。

がんばれ、石毛くん!

がんばれ、エスパルス!

20120725233604

LINEで送る

不純なシャカリキ!?

  • 2012/07/24(火) 22:48:04

今日の部活は1人。

顧問はいない。

あえて言えば、野々村輝さんかな。

あ、マンガ『シャカリキ!』の主人公ね。

ん!?

“シャカリキ”って言葉の語源って、

もしかして“釈迦力”!?!?

なーんて、頭の中で自問自答しつつも、

実際には栄養ドリンクみたいなのを飲んで他力本願。

釈迦力なんて、おこがましい。

ちょっと回り道をして帰っただけで、

もう容易くヘロヘロなのだ。

まぁ良い。

多少なりとも足は締まってきてるしさ。

俺なりのシャカリキで行こう!

20120724224804

LINEで送る

アテンザの次?

  • 2012/07/24(火) 20:05:13

先週の土曜日、

初めてFordを訪ねた。



ちょっと前にデビューした「Escape」が

カッコいいなと思って気になったもんでね。



別にもうアテンザの次を探してるって訳じゃないよ!笑



最初見たときは、

「最近のFordデザインだな」程度にしか思わなかったけど、

サイトをこまごま見ていると、

結構締まったデザインしてるし、

自動でリヤハッチが開閉できるし、

日本での販売価格は200万代だし、

・・・で、気になり始めちゃったのね。







しかも、こんなふうに

リヤハッチの自動開閉ってさ、

リヤのバンパー下に足をかざすだけでいいみたいなの。

こりゃ、便利よね。



アテンザもドアの取っ手に

手を通すだけで(どこかのボタンを押すことなく)

開けることができるのがスマートなんだけど、

便利さが完全に上をいくよね。



自動開閉も体験したかったし、

ドライブの途中で立ち寄ってみたのよ。























でも、行ってみたら、

デビューしたのは本国だけで

日本には導入されていない…どころか、

まだ導入されるかも未定とのことだった。



勇み足だったぜ、まったく!

LINEで送る

面食らいたくはないけれど・・・

  • 2012/07/23(月) 20:31:18

自分の子供ができたと分かった頃から、

日頃耳にする小さい子や親が関わるニュースに対する見方が変わった。

情景を以前よりリアルに想像できるようになったためだろう。

それが、事故だったりすると、ホント身が引き裂かれる思いだ。

反対に、『はじめてのおつかい』のような場合だと

我が事のように嬉しかったりする。



耳にするその状況を想像するというよりも

きっとそこに至るまでのバックボーンを想像するから

リアルになるんだろう。



つまり、

「日頃こういう生活をしていて、

周りの人とこういうやり取りをしてて、

そうして大きくなって…

そんな子(親)がこの出来事に遭遇したんだろう・・・。」

みたく。



「最近涙もろくなった」

なんて言葉をよく聞くけど、

こういうことなんじゃないかな。



今、世間では痛ましい事件と、

その後の対応から、

いじめ問題がクローズアップされている。

変な騒ぎ方をするマスコミは嫌いだけど、

僕もこの問題については動向を注視している。



そんな今の自分としては、

自殺してしまった子のことを考えても、

その周囲の人のことを考えても、

どちらかと言うと、

自分の子が、いじめたりいじめられたりする様子よりも、

自分が、いじめたりいじめられたりする様子を想像することが多い気がする。

我が子が小学校に上がったばかりで、

そういったことをリアルに感じられていなく、

危機感を持っていないせいだろう。



そういう親に限って、

いざ何かあった時に

「ウチの子に限ってそんなこと!」

となるんだろうな。

想像力のなさが招く“面食らい”だよね、言うなれば。



自分はそんなことないように、

よく想像するようにしておこう。

ヒガイシャにも、カガイシャにもなりうる我が子を

・・・しんどいけど・・・、

・・・難しいけど・・・、

少しでも想像しとかなきゃ。



大人とはこういうことなのかな!?

頭で分かっていても、

あぁ、難しい。





こうやって、いつまでものほほんとしてられればいいんだけどな・・・。

ね。

LINEで送る

もちろん桜えび

  • 2012/07/22(日) 23:35:04

由比のもう一つの目的は

桜えび!!

あの香ばしい香りを味わうべく

漁港へ立ち寄った。

俺は桜えびとしらすの二色盛り、

昴之介は王道のかき揚げ丼、

嫁はかき揚げののったカレーうどん。

はい、どれもお見事!

うまし!!

静岡万歳!!!

20120722233504

LINEで送る

フリーエリア