“公”認 解放区

今を記し、今を発し、今を知る。 公春、ここにいます。

もうすぐ卒園

  • 2012/02/06(月) 18:05:02

2月はここ最近では珍しいくらい、

非更新の日が多くなってるね。

でも、元気よ。

こんな時でも変わらずたくさんの訪問があるなんて、

僕は感激しちょります。

みんなは元気?

たまには、何の用もなくてもメール頂戴ね。

そういうの大歓迎!!



さてさて。



昨晩は遅くまで卒園文集を書いてた。

親が自分の子のことを書き綴るの。

渡された原稿用紙が結構な文字量だから、

成り行きで書き始めるには

個人的に勇気が持てなかった。

それで、事前に作ってから、清書してった。



そん時に個人的に役立ったサイトがあるのよ。

あくまで“個人的に”すごく便利なサイトだったんだけどね。

もちろんそれは『“公”認解放区』。



カテゴリをkounosukeに絞って検索すれば

その時その時の昴之介の“今”が綴ってあるし、

時期を絞って閲覧すれば

その時期の昴之介の様子が綴ってあるから、

書き綴ってる本人としては、

簡単に当時の感覚が蘇ってくる。



ブログから引用した文章こそなかったものの、

しっかりと当時抱いた思いを回想しながら

卒園文集の文字を並べることができた。



そして、昴之介は

背丈だけでなく、

行動も、

視線も、

発することも、

すべてにおいて成長してると実感できた。



もちろんさ、生意気になった部分もあるよ。

でも、それも成長したからこそできる言動だと考えれば、

これも通る道だって割り切れる。

翌日、生意気な態度を目にすると、

すかさず怒ってると思うけど・・・。



その文集用の文章も気が向けば

ここにupするよ。

将来、当時を振り返って、

卒園文集の文字を見ても面白いと思うからね。



ところで、先週末にあった幼稚園の楽器遊び演奏会。

そこで年中が合唱していた曲が

いとも簡単にウルウルしてしまういい曲だった。

(簡単にウルウルするのはお前だけだろ!なんて言わないでね)

その曲を頭に浮かべながら

文字を書き綴った。

あたたかい気持ちになる音だよ。

それが『にじ』。



幼稚園児たちが歌うニュアンスとは違うけど、

つるの剛士が子供が歌ってるのを聞いてカバーしたっていう

その曲があったから、せっかくだから聴いてみて。





これを幼稚園児が歌うと、

それはそれは、えづく程に泣けちゃうよ。

LINEで送る

フリーエリア