“公”認 解放区

今を記し、今を発し、今を知る。 公春、ここにいます。

work25;無意識の産物

  • 2013/02/22(金) 00:19:31

もう今日は一日中、

至るところ、

あらゆる人に、

電話をしまくっていた。



依頼、確認、調整、質問、問い合わせ、相談・・・。



気が狂いそう!

着信/発信履歴を見たら、

それも納得できた。

もうね、膨大な回数だったよ。



そんなふうに電話しっ放しだと、

電話中の不可思議な落書きも

そこかしこに発生する。

ね!







何だコレ?

全くと言っていいほど

書いたことを覚えていない。







そんでもって、何してんだ?

仕事してんのか?

すんません、たぶん堂々巡りに入りそうな時に

書き始めたと思う。

ちなみに、これ、

何回か電話の度に書き加えてこうなった。



くせだよ、くせ。

LINEで送る

work24;やってたよ

  • 2013/01/30(水) 21:10:04

年が明けてからは

毎週欠かさず視聴し、

一緒にトライして楽しんでいる番組『美文字王』。



実は昨晩もやったよ。

あの番組を見てる人から、

「今週は見なかったの!?」って聞かれちゃった。(笑)



ブログとしてアップしなかったけど、

はい、見てました〜。

そして、もちろんやりました〜。

そんで、とっとと雑紙類の中に入れました〜。



もうブログの記事としてはしつこいかなって思って、

写真は撮ったけど、

アップしなかっただけなのよね。



ほら↓↓↓

20130130211004

LINEで送る

work23;分かってる

  • 2013/01/23(水) 00:32:04

うん。

だからもう寝る。

20130123003204

LINEで送る

work22;そして…やはり…

  • 2013/01/16(水) 00:44:03

やはり鉛筆を握ると

一しきり落書きをしなきゃ落ち着かないのは

身体に染み付いてる感がある。

授業中や勉強中に

集中が途切れた時には

たくさん落書きをしてきたからかな!?

おやすみぐっない。

20130116004403

LINEで送る

work21;癖

  • 2013/01/09(水) 00:52:04

そして、

一しきり落書きしてから

ぐしゃぐしゃポイっ♪

もはや癖である。

20130109005204

LINEで送る

work20;自動販売機の使い方

  • 2012/03/08(木) 12:01:26

トリセツって、どう思う?

別にどうとも思ったことないよね。



トリセツって、どう扱ってる?

最初ちょっと使って、後は困った時に使うかどうかくらいだよね。



むしろゴミにしたいけど、

もしもの時に困るから取っておくしかない、

そんな単なる紙のカタマリって時だってあるよね。



でも、そのトリセツを作ってる人が

世の中にはいるんだよね。

取扱説明書をユーザーに役立つものにするよう考えてる人が

世の中にはいるんだよね。



僕の会社は、そんなこともやってる印刷会社。

現に、これまで2社ほど、

大手の取扱説明書制作に携わってきた。



今、それが、急速に紙媒体から脱却しつつある。

過渡期を目の当たりにしてる感じだ。



・・・あ、このまま行くと、

小難しい話になっていく。

やめた!






今回、そんなことに触れたのは、

ある資料を整理してる時に、

入社当時の研修中に作ったトリセツが出てきたから。



「自動販売機の取扱説明書を作る」という研修。

会社の裏手にある自販機を取材して、

手順、注意事項などを

色んな角度から想定して作ってく。



今、改めて読んでみたけど、

入社したての子もここまでできるもんなんだなと、

我ながら関心しちゃった。

せっかくだから、スキャンして晒しちゃう☆

PCも割り当てられてなかったから、手書き〜。

(それぞれクリックで拡大可能)





















頑張ってるねー、6年前の僕。

「なるべく他の取説を見ないで作ってみて」

って言われたから、

何となく記憶を頼りに作ったのを覚えてる。



こんなことにもトライしつつ、

中途採用にもかかわらず、

かなり広範囲にわたって研修を行なってもらって、

ホント良かったなと、

当時を改めて振り返っちゃった。

LINEで送る

work19;なぐり描き♪

  • 2012/02/22(水) 20:12:34



何ってことはないんだけど、

さっき社内の人と打ち合わせながら

その打ち合わせている内容を確認する意味で

手元のメモ紙に図示してってたんだけど、

そのメモが

「分かりやすい」って言われて

嬉しくなったんで、

ここに載せることにした。



内容については

仕事のことだから

あえて解説しないことにする。



こんなふうに、

絵じゃないにしても

書き出して内容を共有すると

すごく理解が早くて

誤解が生まれにくいよね。

大事☆

LINEで送る

work18;実に儚き「カッチャウ!」

  • 2011/11/14(月) 12:37:04

週末に行った修善寺・虹の郷。

そのゲートをくぐってすぐのあたりには

子供たちが遊べる道具が色々置いてあった。

けん玉、フラフープ、皿回し、輪投げ…etc.

一つ一つは大したことはなくても

色々あるから結構楽しい。



その中に、黒板らしきものがあって、

そばには、大きめの筆が入った小さなバケツがあった。

どうやら、そのバケツに水を入れ、

その水で黒板に落書きをしよう!ってコーナーらしい。



すぐに子供たち、そして自分も

思い思いの絵を落書きした。

ただ、しばらく描いていると、

みんな飽きてきて、

子供たちはガチャガチャと乱暴に描き始め、

自分もちょっと趣向の違う絵を描きたくなった。



そこで思い出したんだけど、

確かこの前、子供の落書きコーナーに

大人が映画『カーズ』のマックイーンをうまく描いてあって

面白かったって誰かのブログで見たな〜と。



よし!

ここは、一つ俺もマックイーンだ。

・・・描いたことないけど(笑)。



で、記憶を元に描いたのがコレ。

「カッチャウ!」






ライトを描いてなかったり、

ボディの模様がなかったりするのはご愛嬌。



でもコレ、水で描いてるだけだから、

すぐに消えちゃう、実に儚い絵なのよね。

天気が良かったから、

この撮影のあと、一瞬で消えちゃいましたとさ。

LINEで送る

work17;フォーゼバッグ

  • 2011/10/21(金) 18:58:04

また幼稚園から

親に対して図工の宿題が出たんよ。

今回は幼稚園の作品展(だったかな?)の時に

ちょっとしたイベントをするから、

その際に使うバッグを作れ、との司令。

絵の宿題はないんか。



何かさぁ、

空間を掴むことはできるから

箱型のものを作るってのは

容易に想像できて問題はないんだけど、

そこに“飾り付け”とか、

さらには“フェルト”とか“ボタン”とかいうワードがあると、

途端に思考が停止しちゃうんだよね。

何も想像できないから、

何もできる気がしない。

例えば、できた箱に絵を描くって言うんなら、

アレコレ浮かんでくるんだけど、

俺の思考回路ってホントにもう・・・。



さてさて、そんなこんなで

牛乳パック2個で作ったのが

このバッグだい!




宇宙ぅぅ、キターッ!

どう?頑張ったら!?

仮面ライダー・フォーゼをメインに、どん。

と言っても、これはカラー出力したのを貼り付けただけ。

描いてない・・・。(汗)

で、そのフタを開けると、そこには・・・




はい、また出たフォーゼ、どん。

フォーゼみたく「宇宙ぅぅ、キターーーッ!!」って言いたくなるでしょ!?

・・・ならんね。




それから、ポケット、どん。

仮面ライダーのカード入れをおごってみたさ。

ポケット、キt・・・しつこいか。




こんな展開図を元に作らんといけんのよ。

なかなか億劫だよ、これ。



でも、もうすぐそれも終わるんだよな。

だから今回は一生懸命・・・

一生懸命・・・

一生懸命にヤッツケたさ!

ヘヘーンダッ!

LINEで送る

work16;輪ゴム鉄砲

  • 2011/09/23(金) 18:14:15

もう先週末のことになっちゃったけど、

土曜日、幼稚園に親子参観会に行ってきた。

まぁ、毎年のことだけど、

“参観会”ではなく、ほぼ“参加会”だ。

何かを一緒にやらさ…いやいや、やるのよ。(笑)

面倒くさい人は面倒くさいだろう。



年長の今年は、

事前に「輪ゴム鉄砲」をおウチの人に作ってもらってこい、と。

当日は、的やら鉄砲の飾り付けをするから、と。



でも、その案内状には

輪ゴム鉄砲の作り方は一切書いてない。

保護者は、100%子供の頃に輪ゴム鉄砲を作った経験があるということか!?

それとも、分からなければネットで簡単に調べられるということか!?

ちなみに、僕は作ってもらった経験もあれば

作った経験もあるから、

まぁ大丈夫なんだけど、

それでも、昔の記憶を呼び起こして

どうにかこうにか作った。





完成。

作りながら思い出したのが

引き金のところに

切り欠きを2つ設けて

2連射タイプにするってやつ。

それを早速やったったよ。



で、これ、幼稚園から持って帰ってきた割り箸を

使用して作ったんだけど、

最初から割ってあったんだよね。

どうも作ってて脆弱な感じがした。

だから、数日して、改めて作った第2弾が、これ。





全体的にガッシリ作った。

ついでに、輪ゴムを3つ取り付けられるようにしたった。

きれいに3連射にはならなかったんだけど…。



さて、参観・・・参加会当日。

的を作り、銃身に色を塗り、完成。





それからホールに行って、早速打って遊んだ。

かなり真っ直ぐ狙った方向に飛んでたよ。

よし、よし。





最後にみんなの輪ゴム鉄砲を見て回ったんだけど、

ほとんどみんな少しずつ違うんだよね、構造が。

これにはビックリ!

単に輪ゴムを弾き飛ばすだけ…と侮るなかれ。

いやはや、奥深さも感じられる輪ゴム鉄砲の世界だった。




子供がいる人は作ってみては?

割り箸と輪ゴム、そこにハサミ/カッターがあれば、

もう作れちゃう。

しかも、短時間ですぐに完成するよ!

お試しあれ〜。

LINEで送る

フリーエリア